合格するために進学塾に行く

入試の問題を聞いてみよう

今年の試験に、どんな問題が出るかは誰も分かりません。
例え進学塾の講師だって、それは知らないはずです。
しかしこれまでの入試問題絵を見ることで、おそらく出題される範囲をある程度予測することができます。
人気のある進学塾は、入試対策に力を入れています。
目的の学校に進みたいと思っているなら、人気を見て進学校を判断してください。

過去に何回も出された問題なら、今年も出題されると考えられます。
その問題を中心的に勉強していれば、合格できる可能性が高まります。
誰の力も借りないで勉強を進めていても、どこが出題されるのか判断できません。
思い切ってあてずっぽうで勉強する範囲を決める子供も見られますが、外れた時に困ります。

応用した問題も解けるようになろう

基本を理解することは大事です。
ですが今年の試験では、基本を応用した問題が出されるかもしれません。
その時のために、進学塾で応用した問題の解き方を勉強しておきましょう。
普通の進学塾では、基本を徹底的に学ぶことが多いです。
それでは少し変則的な問題が出た際に対応できないので点数を落としてしまいます。

人気が高い進学塾なら、応用した問題の解き方も教えてくれるので、どんな問題が試験で出されても冷静に対処できます。
急に分からない問題を出されると、パニックになってしまうことが多いです、
慌てていると、冷静な判断ができないので基本的な問題も解けなくなるなど、悪い連鎖が広がっていきます。
前もって応用も勉強してください。


▲ TOPへ戻る